FC2ブログ
ツイッターで見惚れた、コマさんの黒騎士絵に拙い文章をつけてみました。
イラストはコマさんです。拡大して堪能してください。
無断転載はおやめください。
 ...READ MORE?

コメント(2) TOP
Categorieコネタ

平成最後のお正月です。
今日は近所の神社とお寺に初詣に行き、30日にお節を作った実家に行って両親に挨拶をしました。

さて、一年の計は元旦にありとの言葉があるので、今年も無駄かもしれないけれども、やってみようかと思います。

◆創作
新作を書き始める。連載にするかどうかは不明。本を出す出さないは、私の一存ではないのでここには書けません。
「ビースト † ブラッド」の販促頑張る。

◆仕事
年齢に応じた落ち着きを持って、誠実に仕事に当たる。
焦らない。若い人に気軽に声をかけてもらえるよう且つ、忌憚なく意見を言えるような存在に。
自分の持つ知識、経験、技量を提供するが、押し付けないこと。

◆プライベート
家族仲良く。親孝行する。特に家人と口喧嘩をしない。
家事でしんどくなるくらいなら手を抜く。好きな料理もしすぎない(やって疲れて不機嫌になるくらいなら手を抜く)。
健康で過ごす。筋トレとジョッグを無理のないようにする。
体重を3キロ以上減らす(5キロが理想)。人間ドックの数値の改善。
2月のファミリーマラソンを完走する。


こんなところでしょうか?
あまり上を見過ぎないようにしたいです。

コメント(1) TOP
Categorie今日のぷんさん

お節作りも、大掃除も無事終えて、静かな大晦日を過ごしています。
家人は出かけているので本当に一人、ああゆっくり好きなことできる。
最高です!

昨日は実家でお節を作りました。
ツィッターでも、つぶやいたけれど両親が健在でとりあえず元気ということが、どれだけありがたいことか身に沁みます。
父は夏の終わりに肺炎で入院し、母は年末に体調を崩していましたが、なんとか今年もお節に間に合い、妹一家も合わせて、家族仲良く過ごすことができました。
いつまでこんな日々が続くのかわかりませんが、1日1日を大切にして行きたい。

仕事では
今年はチームを離れてやや上の立場になったけれど、それなりに楽しかったし、勉強にもなった。
直接的な密な関わり合いは減ったけれど、自分の年齢としたら、こういう立場での物の言い方や、関わり方を学ぶべきだとも思います。
たくさんのものを作って供給もできたし、どんな立場であろうとも、自分は自分の仕事をするだけだと思います。

創作では
二月に続けて文野さと、と、街みさおで、一冊ずつの本を出したけれど、そのあとは特に何も出ませんでしたね。
売り上げの方も、ものすごい訳でもなく、まぁ見捨てられない程度の飛行高度だったと思います。
でも真面目に書いた「茜」が、人の目にとまり、やや形を変えて、世に出せたということは大変ありがたかったです。
人の目にとまるという意味では、この春に「ビースト・ブラッド」をアメリカの方が読んで下さって、書籍化の連絡をいただけたってことも、非常に驚き、且つ嬉しいことでした。
詳細は前回に書いたので省きますが、とにかく目立たない私の作品に目を止めてもらえたことが、ひたすら嬉しかったです。
おかげさまで英訳版が、2月28日に電子で発売です。
今は「月下の虎は甘く冷たい指先を食む」のクライマックスに向けて、見直しを続けているところです。
うまくいけば1月初旬には完結できます。
ですが、あいも変わらず超人気とはならず、落ちない程度の高度での巡行です。
次回作のプロットはまだ手をつけたばかりですが、目処がつき次第、執筆を開始したいです。
多分来年も、良くて一冊、悪ければ、なんの本も出せないと思います。
もともと趣味で書いているスタンスですので、本になればそりゃ嬉しいし、買ってほしいけれど、頑張ってできることとできないことがありますので、来年も低空飛行作家のままでしょう。
だからこそ、好きと言ってくださる読者様が、とてもとてもありがたい。
こんなダメな作者ですが、時々でいいので、温かいお言葉いただけると頑張れる気がします。

ではお返事です。2ヶ月以上も放置ですみませんでした。


*nikonさん
2ヶ月以上もお返事が滞って申し訳ありません。
月下もあれからだいぶ進みましたが、まだ見てくださっておられるでしょうか?
来年初めに完結予定です!


*わかわかさん
たくさんのメッセ、ありがとうです!
ここまでたどり着きましたよ! 見てくださってますか? ティガール、カッコ良いですか?


*Franさん
いつもありがとうございます。大切な古い読者の一人です。一緒に歳をとりましょうね。
そして、ビーストにもお言葉ありがとうです。
この作品はファンタジーというよりも、SFで毛っこ王尖った世界観ですが、異国の方に認めてもらえたことは結構な自信になります。
ホタの作品も、魔法とか出てこない、単に異世界ってだけのものなんですけども、今の連載も、また見てくださいね。


*あっちょんさん
続きを書き続けて、年越し連続更新ですよ!


*七瀬さん
いつもありがとうございます。ほんとどうしようもないメンタルの時がありますね。
ブログも、なかなか更新できないけれど、たまに覗きに来てくださると嬉しいな
夕日のシーンにもコメントありがとうです!
ノヴァの出版社さんにアクション起こしてくださるなら、とてもとてもありがたいです!
作者がどうあがいてもダメなのです。

*繭子さん
ありがとうございます!


*あゆなさん
茜、読んでもらえて嬉しかったです!
メンタルダメダメの時の私をお気遣いくださいまして、ありがとうございます。なんとか生きております。


*ハルスミさん
そうなんです「ノヴァゼムーリャの領主」はなかなか悔しいんですが、本編は残してありますので、楽しんでくださいませ。


*しゅーくりーむぷりんさん
「ノヴァゼムーリャの領主」ご購入くださいまして、ありがとうございます!
月下の方もここまでたどり着きましたよ!


*一ファンよりさん
ツィッターからブログに飛んできてくださいまして、ありがとうございます。
ノヴァも残ねな結果にはなりましたが、私の中ではまだみんな生き生きと暮らしています。
これからも私の作品を好きでいてください。


*GBさん
お久しぶりです!嫌です〜返信します〜。だって古参の読者さんは大切なんですもの!
ええ、ビーストの英訳!本人が一番びっくりしております。
英語なので、なかなか読みにくいとは思いますが、応援してくださると嬉しいです!
月下の虎は甘く冷たい指先を食む、もよろしくです!


他にも、お名前なしでたくさんのメッセージをいただきました。
本当にありがとうございます。

みなさまどうぞ良いお年をお迎えください。
そしてきたる年が、穏やかで幸せなものとなりますように。

文野さと 拝


コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

色々あったのですがついに来年2月28日、つまり今日から、ちょうど2ヶ月後に拙作「ビースト † ブラッド – 野人のつがい –」がアメリカで英訳出版されます!
手始めに電子でということのようです。売り上げ次第で紙媒体にもなるかもしれません。


半年前に、Cross Infinite World代表取締役社長さまから、拙作「ビースト † ブラッド」を英訳出版しませんか?という打診を頂いた時は、なんの冗談か、はたまた詐欺か、と失礼なことを思ってしまいました。
だって、まさか自分の作品でそれも書籍化もしていない、ちょっとばかり尖った世界観の「ビースト」をアメリカの方が読んでもらえているとは思えなかったからです。
自分も少し調べて、作家の知り合いにもきたりして同社さまが、誠実な会社であることがわかってきました。
しかも社長のMさまは、日本語が堪能で、漢字も複雑な言い回しも使いこなす、すごい方です。
しかも誠実で、丁寧で、私の失礼な質問にもむちゃくちゃしっかり答えてくださいました。
日本のサブカルチャーで、埋もれている作品をアメリカなど欧米で紹介したいとのお言葉でした。

はっきり言って、私の「ビースト」はそんなに人気があったわけではありません。
少なくとも一般的に受ける作品ではなかったと思います。
恋愛はあるけど、SF要素が多く、残酷なシーンも出てくるし、恐竜や麻薬、変態まで出てきます。
王道である、溺愛、契約者、令嬢者、異世界トリップの要素は一つもありません。
だから、この作品がメジャーになることはないと、私は思っていました。

しかしMさまは読んでみて、非常に面白い、商品価値があるとおっしゃってくださいました。
アメリカではSFもよく読まれるようで、電子からということでしたので、私もリスクは少ないのかな?と
出版に同意したのです。
私は語学は全然ダメですが、日本語にはこだわりがあります。
私の癖のある世界観を、翻訳するという作業は、非常に困難だろうと思っていましたが、Mさまはわからない点は質問して(日本語で!)くれて、適切な英語を当てはめようとしてくださいました。
中には和製英語や、本来の意味から違った意味で使われている言葉もあり、スタッフさんたちはかなりご苦労されたようです。

そしてそして、カバーや挿絵を担当するイラストレーターさんが決まった時には、私は仰天してしまいました!
お名前こそ存じ上げなかったものの、その作品はネットの至るところで御目に掛かるほど、知られた方だったからです。
刀剣乱舞ファンの方ならよくご存知だと思います。

江川あきら様です。

はっきり言って私の名前よりも何倍、何百倍も知られた方だと思います。
それからも色々あって、江川さまともツィッターで相互フォローしていただき、少しですがDMでお話めいたこともできました。
一流のクリエイター様は、やっぱり誠実で素敵な方でした。
そうして、M様を通じて、
素晴らしい11枚の挿絵やキャラデザイン、そして表紙カバーが次々に提示され、あまりの素晴らしさに目が潰れそうになりました。
クリックしてみてください!



表紙


キャラ紹介



私のつたない語学力では英語版の「ビースト」をスラスラ読むことができません。
でも、アメリカの方々が少しでもこの作品に触れて、楽しんでいただけたらと願ってやみません。
日本の皆様方にも、どうか応援していただけたらと思います。
購入は無理でも、話題にしていただけるだけでありがたいです。
ツィッターやFBなら世界につながっていますから。

それでも私は低空飛行のよろよろ作家であります。
これからもきっとそうでしょう。
他の作家様のように、次々本になる作品が書けるとは思えません。
こんなヘタレ作家でも、ここまでやってきました。
いつもそうですが、、応援してくださる方々には本当に御礼申し上げます。
「ノヴァゼムーリャの領主」の痛手からまだ立ち直ったわけではありません。諦め切れたわけでもない。
それでもこの件では、たくさんの励ましのメールを頂き、泣いて感激しました。
レナちゃんのおかげです。

今年は念頭に二冊の本
「あの日、茜色の君に恋をした」

茜


「閣下、この恋はお仕事ですか?」


閣下


を出すことができました。
来年もなんとか「ビースト † ブラッド – 野人のつがい –」英語版で、作家として命をつなぐことができます。
新しい作品の構想もなかなかまとまりませんが、もしまた連載を始めたら、どうぞよろしくお願いいたします。
ますは「月下の虎は甘く冷たい指先を食む」を年始に完結させます!

皆様、今年は本当にありがとうございました。
どうぞ来年も、文野さとをよろしくお願いいたします。

コメント(0) TOP
Categorie創作情報

2018’12.22・Sat

今年の振り返り1。

年始に立てた目標は以下の通りでした。

1、家族で仲良く健康的に過ごす。できるだけ親孝行もする。太らない。

2、できたら新連載を書き始める。

3、仕事であれもこれもと頑張らない。

4、必要な課題はこなす。

5、できればクリスタの修行もする。


結果。

1はややダメ。人間ドックの結果がいくつか要観察だった。おまけに一時は太った(現在は元に戻り中)。
あんなにジョギングしたのになぁ。

あとは、5以外は達成したと思います。クリスタは全然やってません。
どうすんの? せっかくソフトも液タブも買ったのに。

でもまぁ、思い通りにいかないから人生さと開き直りつつ、来年も年始に目標を立ててみようと思います。

内容がない記事ですみません。
(宣伝よけ)


コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん