FC2ブログ
2016’03.31・Thu

4年間


今日で4年間の府への出向が終わりました。

最初の年は元のS市との差になかなか慣れず不満もたまったが、システムに関しては次第に慣れたし、諦めもしたし、自分なりに改革もした。
また、すごい先達と出会うことができ、たくさんのことを学び情報も得た。
我ながら一番忙しい部署につかされて、一番しんどい部分の仕事を負ったと思う。
有意義だったけど仕事だからいいことばっかりな訳がない。一番辛かったのは信頼関係があったと思っていた後輩が、些細なことであっさり手のひらを返したことだ。
自分に責任がなかったとは言えないが、今まで積み上げてきたものが案外何にもなっていなかったんだなと情けなかった。
しかし、それに乱されるにはあまりにも自分は年を取りすぎていたし、気持ちの整理をつけてさっさと見限り、そのあとはその後輩と触れ合うこともなくなった。この歳になると割り切ることも上手くなる。大して辛くない。けど傷つかないわけでもない。
そして私はまた一つ学び、ずるくなった。
だけども、同時に同志と言える人たちもできたし、たくさんの研修会に行けた。
最後の年は良いチームに入れたし、認めて認められ、本当に充実していたと思う。

残念ながらS市に戻れても、元の職場には戻れなかった。
次の職場はやっぱり遠い山の上だ。
設備はいいが、人はどうなんだろう?
一番残念なのは、Gさんともう働けないことだ。
私の尊敬する大好きなGさんは定年される。とてもお若く見えるがそんな歳なのだ。
彼は再任用を望まず、なんと似顔絵師になって全国を回るという、びっくりな人生計画を目論んでおられる。
だけど、なんでもニコニコと取り組まれ、誰とでも仲良くなれるGさんはきっと、素敵な似顔絵師になられると思う。
今まで私の力になってくれてありがとう。

私もそうやって誰かの力になろう。
自分らしく前を向いていこう。
ゴールなんかない。
道を歩く途中でまた巡り会う人もいるだろう。
できればたくさんの良い縁を結びたいものだと思う。

明日から四月!

コメント(0) TOP
Categorieお仕事

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可