FC2ブログ
2019’08.18・Sun

昭和

私はガチの昭和生まれです。
人生で一番未熟で多感な時代を昭和で過ごしました。
ちょうど、ちびまる子ちゃんの時代です。
しかし、それももう、二時代も前のこと。

私が子供の頃は明治生まれの祖父のことを
「明治なんて随分昔だなぁ。ちょっと前は江戸時代じゃないの?」
なんて、思っていたものですが、いよいよ私も令和生まれの若者に、そう思われる時代がやってこようとしています。

まじやばい。

だからという訳ではないのですが、ここ数年、私は町で見かける昭和なものに、ひどくノスタルジーを感じるようになりました。
この夏は特にそうだったのかも。
さくらももこさんの死も大きかったのかもしれません。同世代ですしね。

で、夏の休暇中、ほぼ毎日朝のダラダラジョギングの傍ら、そういうものを集めて回りました。
集めたと言っても、せいぜいスマホで写真にとって、SNSにあげるくらいしかできないんですけど。
どんどんなくなっていく昭和の遺物を、その時代に生れたものとして、記憶しておきたかったのです。
つまらない感傷ですけれど。

しまいにはジョギングはそっちのけで、わざわざ自転車に乗って、遠出をしながら集めて回りました。
路面電車にも乗り込みました。
それは、町屋であったり、路地であったり、看板、模様付きの板ガラス、戦争の慰霊碑、記録も残っていない何かの遺構もあります。
古い商店街は、店じまいをした商店も多いのですが、まだまだ頑張っているお店もあってね。
店を潰して進出したスーパーすらすっかり古くなって、寂れていく様子とか。
面白くてたまらない。
不思議なもので、SNSに上げていると、同じ趣味の方が貴重な資料を教えてくださったりしました。
とても嬉しいことです。

私はいろいろな変遷を経て、今は生まれた町の近くに住んでいるのです。
卒園した幼児園の理事を(名前だけ)しています。家は通った小学校の校区です。校舎は建て替わり、同世代の友達は残っていませんが。
実家は戦前の町屋(長屋ともいう)です。
祖父母も両親も、私たち姉妹もこの家で暮らしました。今でも両親が二人で住んでいます。
何回もリフォームを繰り返して、今では全く別の家になっていますが、多分見えないところには、昔の梁などがあるのでしょう。

そんな理由で私は、私の知る昭和を集め始めました。
昭和という時代が、いい時代だったという訳ではないです。戦争もあったし。
でも、1960年以降の何十年かは、日本が今よりもずっとずっと元気だったことは間違いありません。

よかったらツイッターのタイムラインをみてください。
今ならまだ、画面の右横の画像をクリックしたらたくさんの「昭和」が見られると思います。
こちら


モダンな家

IMG_2252.jpeg

IMG_2374.jpeg


皆さんの「昭和」はどうでしょうか?



コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可