FC2ブログ
2019’06.17・Mon

イクメン?

平日の公休日はとても嬉しい。
普段できないあれやこれやをまとめてやっちゃう!
本屋で先日逝かれた田辺聖子さんの文庫を買ったり、気になっていたお店でランチをしたり、録画を消化したり。
一人きりの基調で優雅な時間。

だけども。

この間から気になっていたことを、もやもやしたままにしておくのも嫌なんで、書きますね。
これも、平日ならではのこと。

ツィッターのTLではワンオペ家事育児に励むママさんたちの、悲鳴や呪詛が流れてくる。
もちろん、「つぶやき」なんだから、愚痴を垂れ流していい。それが全てでは全然全くない。
でも、この間ある父子づれを見たとき、なんだかとても複雑な気分になったのです。

朝の通勤途中駅から歩いていると、向こうから交差点を渡ろうとする、3歳くらいの可愛い双子を連れた若い父親を見かけた。(子供がパパと呼んでいたので父親に間違いない)
渡ろうとする道は信号がないので、車からしたらいい抜け道になっていて、車通りが激しい。歩道もない。道の端にラインが引かれているだけでそのラインもとても幅が狭い。
そして道の先には保育園がある。そんなところに保育園があるのが都会の悲しいところだ。
ともあれその父子づれ。

若い父親は自転車に乗っていて、その後ろを双子がちょこちょこついてくる。
本来なら微笑ましい場面かもしれないが、ここは信号のない交差点である。私がハラハラしながら見ていると、パパは自転車に乗って自分だけ先に渡ってしまい、渡ってから自転車を止めて振り向き
「早くきなさい」と子どもちゃんに声をかけた。
(ありえんやろ)
その時点で私は即座に心の中でこの父親を斬って捨てた。
双子ちゃんはパパを追いかけようと、オロオロしながら道を斜め横断しようとする。
向こうから来た車が微妙な距離で迫っている。
私は走って道を渡った。そして「車来るから待っときや」と言って道を渡ろうとしかけた双子ちゃんの前に立ちはだかった。
車道を背にして、壁と私との間に双子ちゃんを挟む形にして。
道は細い。歩道はない。車は来る。他に選択肢はない。
別に私は自分お命を危険に晒したわけではない。そこまでヒーローじゃないです。
私は大人だから、目視で距離感は測れる。私が間に入っても車との間は50センチはあったろうと思う。けど、3才の子に距離感の判断はできないし、目線も違う。
大人なら大丈夫でも、子どもなら危険だったと思ってしただけだ。
可愛い双子ちゃんは、大人しく知らないおばさんの言うことを聞いてくれた。
私の背後を車が二台通り過ぎた。流石にそれほどスピードは出てないが、もし双子ちゃんが転んだら危なかったかもしれなかった。それほど危うい状態だったのだ。
車が行きすぎてから、私は双子ちゃんに道を渡らせた。
向こうから自転車に乗ったままの父親が私に「すみません」と言った。
私は(お前のためじゃねーよ!目の前で子どもが車にはねられるのを見たくなかっただけじゃい!)と思ったけど、表面は「いいえ」と言ってしまい、通勤の道に戻った。
で、後で後悔。
もっと若い父親に怒ってやればよかった。

自分はチャリに乗ったまま、信号のない交差点横断してんじゃねーよ!
バーロー!

自転車には補助椅子はなかった。
推察するに、この父親は普段子供を保育所に送迎しない人なんだろう。
きっといつもはママがやっていて、ママの自転車には二台の補助椅子がついているはずだ。
そして、車の多い信号のない交差点を子供連れで渡ったことがない。
でなけりゃ、あんなマネができる訳が無い。

あの痛ましい大津の事故もまだ記憶に新しいのに。
保育所の先生たちは、自分を盾にして子どもを守るのに。
なんやねん、お前は!

イクメンなんて言葉は嫌いだ。
育児は両親で行って当たり前だ。保育所の送迎だってそうだ。
たまにしかできないんだったら、もっと心を配るべきだ。
もし、目の前で子供が二人車に轢かれたら、この父親はどうするつもりだったんだろう。
そのことを考えてしばらく気分が悪かった。

もしまた見かけたら今度こそ注意してやると心に誓った。






コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可