FC2ブログ
昨日はSASのライブに行ってきました。
妹夫婦と一緒です。
SASのライブは1015年にO阪であったから4年ぶりです。
その時はくじ運がよく、アリーナの前列から4列目で大迫力だったのですが、今回はスタンドの2回席の後ろの方だったので、ちと残念。
ですが、桑田さんやメンバーさんのサービス精神は相変わらずで、3時間ぶっ通しで楽しめました。
全員が還暦を過ぎているとは思えないくらいの、エネルギッシュなパフォーマンスでした。

年齢がバレてしましますが、SASがデビューしたのは私が中学生の頃。
当時大人気だったベストテン番組のスポットライトで初めて彼らを見たんです。
黒柳さんの声とともに、今でもよく覚えていますね。鮮烈な印象のバンドでした。
でも正直、歌詞が何を行っているのか???でしたが、今までにない人たちだなぁってことはわかりました。
当時の私は、さだまさしさんが大好きで、抒情的なメロディや歌詞が好みだったので、SASのデビュー曲から数曲続いたポップな曲調は楽しくても、惹かれはしなかったのですが何曲目だったか、「いとしのエリー」は聞き惚れてしまいました。

それから40年経つんだなぁ。
今の日本でファンでなくても、SASの曲を全く知らない人はいないだろうと言うくらい、SASは国民的バンドだと思う。
一曲全部は歌えなくても、サビの部分は知ってると言う人が全人口の80%くらいはいそうだ。
80歳を過ぎた母でも、そうなんだから。
姪っ子や甥っ子はSASには興味ないとは言うが、それでも耳に馴染んだ曲は多いらしい。
ライブ会場もほとんどはおじさんおばさん世代だったけど、すごい幅広い年齢層がいた。
こんなバンドは、なかなかない。
何回かの休止期間はあっても、40年間ずっと、第一線で活躍しているバンドは日本には少ないんじゃないかな?
オフコースも、甲斐バンドも、チューリップももうないし。
スターダストレビューくらいかな?(よく知らない)
ソロではまだまだ偉大なシンガーがいらっしゃいますが。

ライブでは懐かしい曲も、最近の曲も、知ってる曲も、マニア向けな曲も色々散りばめられていた。
ポップも、バラードも、えっちいも、そしてロックンロールも。
印象に残ったのは「昭和」だ。
桑田さんは、新しいものを上手に取り入れて、それをうまく作品に昇華できる天才だけど、彼の中には昭和への懐古も十分に存在している。
彼らを生んだ時代だものな。日本がまだ元気だった頃の。
そんなちょっとノスタルジーをも織り込んだ、素晴らしいライブだった。

終わってからぞろぞろ歩いて買える時、妹の夫が「サラリーマンならとっくに定年やのに、60すぎてあんなんやられたら、俺ももっと頑張らんと、と思うなぁ」
と言った言葉が印象的だった。

たくさんの名曲があるSAS。
私は、今回の演目にはなかったけど、「栞のテーマ」が大好きです。
皆さんはどんな曲が好きですか?


コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

Next |  Back

comments

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可