FC2ブログ
2019’05.19・Sun

生まれた街。

私の住んでいるところは大阪市の南部で、いわゆる下町なんですが、静かな住宅街でとても住みやすいところです。
駅もたくさんあって便利なのに、学校も公園もいっぱいあって、少し足を伸ばせば繁華街もあって、遠くに行かなくてもなんでも事足りる。
古くからの商店街や長屋もまだ残っていて、寂れている部分もあるのですが、新しいお店ができたり、有志が地元を盛り上げるイベントをやったりしています。
残念なのは本屋さんが全部潰れてしまったところでしょうか。
時代の流れとはいえ、それは寂しいです。

昨日は大きな公園にバラを見に行きました。
バラも芍薬もヒナゲシも山盛りに咲いていて、新しくカフェもできていて、すごく楽しかった。
子どもの頃からある博物館も何回見ても楽しいし勉強になる。
小さな神社もお寺も、めっちゃやっすいスーパーもみんな好き。

確かに昔のままではない。
長屋の後にマンションができて、チンチン電車は高速道路に変わった。
古い駅は高架になって、学校はとても綺麗だ。
人の入れ替わりも激しく、昔からの友達ももう少ない。
でもそれは田舎だって同じこと。
変化に文句を言うつもりはない。

だけど、この街から離れない。
両親が住むこの街で、卒後した学校があるこの街で、私はずっと暮らしていく。

たまに押し寄せる郷土愛の記事でした。


コメント(4) TOP
Categorie今日のぷんさん

Next |  Back

comments

以前、昭和町のイベントのツイートを拝見してちょっと驚いたのです。と、いうのも、私の母校は工芸なので…(卒業してからは訪ねる機会がないままですが)
タグで繋がることができた先生が、あの辺りに暮らしていらっしゃるなんて!と、勝手に親近感を抱いています。
そして、失礼ながら、ノヴァゼムーリャの森に生き物の気配が希薄な(描写がほとんどない)ことも、ああ都会に住んでる人の感覚なんだなと、納得できてしまいました。普段は読むことのない恋愛物で、とても楽しく読ませてもらったのですが、レーニエが馬で散策していたら、リスが横切ったり、脇の茂みからヤマドリが飛び出したり、小鳥の群れがさざめくように鳴き交わしながら頭上を飛び越えて行ったり、ぬかるみに大きな蹄の足跡を見つけたり、カラスアゲハとかの大きい蝶を見たり、という事もあるんじゃないかと思いました。(これは私が自転車で山道を走っていた時や、今住んでいる僻地の山の中での経験ですが)
偉そうなこと言ってすみません。とても美しい物語でしたので、ついもったいなく思ってしまって…。
なろうで最後まで読ませてもらいましたが、単行本として続編が刊行されるのを楽しみに待っています!

ぶどう屋:2019/05/20(月) 20:38 | URL | [編集]

ぶどう屋さん、こちらでは初めまして!

工芸高校ご出身でしたか。近くです!
先日も前を通って、2年ほど前にできた美味しいラーメン屋さんに行ってきました。
美しいレンガの建物も昔のままですね。
私のペンネームは実家のある街から取ったものです。
お互いジモピーですね!

はい。「ノヴァゼムーリャの領主」はかなり以前に書いたものです。
動物のエピソードはそういえばあまり出てきませんね。
あの当時はお話を進めるのが精一杯だったのでしょう。馬は父が好きだったので少しは知っていたのですが。
植物に関しては少しは描写があると思います。
これも父の影響で昔から草花が好きだったのです。
番外編で、レーニエが薬草を同定しようとする場面がるのですが、花のつかない株で植物を同定するのは素人には難しいはずです。レーニエは不遇の時代に植物に興味を持っていたようなので、そのことを書きたかったのです。

しかしこの物語はもう本にはならないようです。
P社と言う、大きな会社からの出版が決まった時に「やばいわ」と思ったのですが、いわばその勘が当たり、P社は私の愛する作品(子供も同然)を、無碍に扱い、もともと不得意だった出版部門を縮小してコンテストからも撤退してしまったのです。
しかし、爆発的に売れた訳ではない地味な作品ですので、自分の力が足りなかったのだと、涙を飲みました。

ですが、このように読んでいただいて、お言葉までいただけるのは非常に励みになります。

よろしければ他の作品なども見てくださると嬉しいです。
どうもありがとうございました。
感謝感謝!

これからも、地元ツィートすると思います。
またお声をかけてくださいませ。


文野さと@ぷんにゃご:2019/05/20(月) 22:15 | URL | [編集]

はじめましてー
「茜色の君に恋をする」を、最近知りました。
素敵な作品をありがとうございます!電子版で何回も読み返しさせて頂いてます。
で、文野さと様の事を色々知り、こちらの方にお邪魔しました。お名前の由来を知り、あっ、そうなんだと、なるほどなるほど とニヤリ。
私の住む所は、○虫通りを そちらから西に少し行った○畠です、まだこちらはチン電走ってます。昔は阿○○斎場から○野行きも走ってましたね、すごく懐かしい。
お近くなのが嬉しくて、すごい親近感を感じます(恐れ多い)!で、慣れないコメントを書かせて頂いてます。茜色の他にも素敵な作品がいっぱい、順次読ませていただきます。
最後に茜色の大人バージョン、教えて頂けますか(ニヤリ)。
素敵な作品に出会えて幸せです‼︎

イチョウ:2019/06/04(火) 08:55 | URL | [編集]

*イチョウさん、いらっしゃいませ。
「茜色の君に恋をする」を読んで下さってありがとうございました。
嬉しいです。
はい、お近くですね!
そして似たような世代かもしれません。恐れ多いなんてとんでもない、どんどん話しかけてください。
私は昔、廃線になったチンチン電車の近くに住んでいました。
今も実家が近くにあって、しょっちゅうその近辺をうろうろしています。
地元が大好きで、新しいサンドイッチ屋さんができたと聞けば買いに行き、公園でイベントがあると聞けば出かけています。

茜の大人版なんですが、自サイトの隠しページにあったんですが、ジォティーズというサービスの停止によって、作者の私も行けなくなってしまったんです。
ただ、データは残っていますので、この週末にでも「ムーン」の方にあげようかと思います。
「ムーン」の意味わかります?
遠慮なくお尋ねください。

よろしければツィッターの方ものぞいてくださいね。
作品情報などをつぶやきます。

https://twitter.com/punnyago


また、よろしければ、私の他の作品なども見てくださるととっても嬉しいです。
サインでもなんでもしに行きますよ〜!

文野さと@ぷんにゃご:2019/06/04(火) 21:23 | URL | [編集]

Post your Comment











 管理者にだけ表示を許可