FC2ブログ
2019’04.30・Tue

平成最後の日

何も地球最後の日って訳でもないのですから、普段通りに過ごしておればよいのですけれども。
陛下も国民にそう願っておられるはずです。
TVもたくさんの振り返り番組が放映され、それなりに面白いです。

しかしまぁ、30年。
短くない年月ですよね。
私らBlood+ファンなどは、その年月に非常に思い入れがある訳ですが。

悲しい哉、私はかなりの年齢なので昭和から平成に変わる瞬間は既に働いておりました。
昭和天皇の病に日本中が自粛ムードで年を越し、崩御された折は休日となってTVはずっとその中継をしていて、レンタルビデオ店が繁盛したというエピソードがありましたね。
ええ、覚えております。
私の生まれた昭和はこうして終わりました。

そして平成。
1度目の転勤。
最後の恋愛を経て結婚。
二人の祖母が亡くなり、2度の引越し。
そして、今でも尾をひく2度の病気と手術。骨折をはじめ、怪我もいくつか。
妹の結婚、姪っ子甥っ子の誕生と成人。
間に3、4、5度目の転勤、家を建てて3度目の引越し。
父の交通事故(今は元気です)。
夫のリストラと再就職。
順番はいささか不同ですが、個人的にはこんな変遷がありました。
特筆すべきはPCを使うことで、世界が広がり、二次創作を始め、サイト開設を経て(現在閲覧できませんが)オリジナル創作活動を始め、ついには書籍を出版できたことでしょうか。
私という人言の根っこはあまり変わらないけれど、価値観・世界観、広角度になったかと思います。
若さや体力など、失ったものの代わりに、経験と知識。忍耐強さなど得たものもたくさんあります。
死病を二回も経験したことで、人生観も大きく変わりました。
短所はあまり治ってはおりませんが。
ええ、私の人生の充実期の30年は、平成という時代がほぼ被っています。

時代的には我が国は戦争こそしなかったけれど、世界的にはたくさんの戦争やテロが繰り広げられた。
国内も大小無数の災害や、事件がおきました。
ノーベル賞受賞やオリンピックのメダルなど、いいことも沢山あったはずなのですが、それ以上に痛ましい、苦しいことが多かったような気がしています。

で、最近40年以降の昭和を追い求めている私もいる。
長屋を眺め、古い文献や写真を集め、昔の道や鉄道の痕跡を辿る。両親を慈しむ。
自分の時代は古くなるほど、美化されていくのでしょうね。

そしてあと数時間で来たる令和の時代。
どうなるのかなんて、全然わからない。
多分この国はゆっくり下降線を辿るのではないかと、なんとなく感じておりますが、一方で期待と希望もあり。
できれば安らかな時代とならんことを強く思うのです。

ともあれ、私の大切なお客様。
こんな私ですが、どうぞ令和時代もよろしくお願いいたします。

文野さと




コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

 |TOPBack