FC2ブログ
2013’11.25・Mon

絶対に捨てない本

私の右隣にある本棚。
色んな本が入っているけども、小学校時代から持っている本がある。
全部ハードバックス。
なので重くてかさばる。
なのに絶対捨てない!

「大きな森の小さな家」
「大草原の小さな家」シリーズ4冊 
L・I・ワイルダー著。
福音社のよ! 最近見ないけど、まだあるのかしら?
G・ウィリアムの絵が素敵!
「シルバーレイクの岸辺で」はなぜか持っていない。
シリーズは全部読みましたが、やっぱり子どもの頃の話が素敵。百回は呼んだと思う。
TVドラマもよかったなぁ。家族で見てた。
ああ、マイケル・ランドンお父様!

「プリディン物語」
R・アレクサンダー著。
評論社
中学三年時に学校の図書館で読んでハマり、高校入学と同時に小遣いで全巻そろえる。
ファンタジー大作で映画になってないのは、このシリーズだけじゃない?
意外とみんな知らないのよ。

「ドリトル先生シリーズ」 
H・ロフティング著
岩波書店 頂き物で全巻そろってないけど。全部読んだけど。

「小公子」
「ロビンソン漂流記」
文研出版のハードバックス。
言わずと知れた名作ばかり。
バーネットだったら
「秘密の花園」も好き。

そんで、誰かにあげて持ってないけどやっぱり
オルコットの
「若草物語」シリーズと
「赤毛のアン」は外せないよね!
モンゴメリは全部読んだな。

うわぁ!
全部外国文学じゃんか!

無論日本の名作もちゃんと読んでますけど、ハードバックスじゃなかったんで、今は手元にないんですよ。

皆さんの捨てられない本は何ですか?


コメント(2) TOP
Categorie読んだ本

 |TOPBack