FC2ブログ
OFF(リアル)では、特に今しんどいことはないと思う。
仕事ではCOVID-19で忙しさは増したけど、それは仕方がないし納得できている。むしろ、自分なんか残業が少なくていい方だと思ってる。
両親も老齢でいろいろ心配だけど、今のところ病気も痴呆もないし、近所だし合う具に会いにける。大切で愛おしい。
家人とは時々喧嘩しつつ、まぁ険悪な時は適切な距離をとればいいんだし、近しい身内も今のところ順調だ。
遠くに行った親戚が気になるけど。
健康面では不眠気味ではあるけど、そんなのずっと前からだし、しんどい時はお薬飲んで寝る。
コルステロール値、肥満率は、やや黄色信号。
ジム行って、ウォーキング、ジョギング、糖質制限してやっと現状維持。
太りやすく痩せにくい体質なんだなぁ。
しかし、今すぐどうこうという問題でもない。服のサイズはここ十年変わってない。
つまりリアルでは自分は今のところ大きな悩みや、困難さはない。

でもON(オンライン)ではどうだろう?
ツィッターの前のアカウントはせっかくフォロワーが増えてたのに、つまらないミスで凍結され、何度抗議してもナシの礫。
PCもスマホもいまだにちゃんと使いこなせてない。
アプリの不具合にはいつも対応できない。
創作では言わずもがな。「ビースト † ブラッド」アメリカで英訳されて電子で、年末には紙書籍で出るけれど、日本ではどこにも評価されない。
作品の書籍化は、もうそれを求めてないからいいけれど、本当私ってクリエイターとしては、すみっこぐらしなんだなぁ。
おまけに今日はヤフーからもなんかわけわからん通達くるし(後日フィッシングだと判明)。
ネットは便利だけど、深く関わるととても面倒で、地味にメンタルに響く。
辺境にいるからバズりもしない分、炎上とも無縁だからそれはいいけど。

かまってちゃんじゃないけど、なんかちょっと不満な自分がいます。
こんなのおかしいですよね?

野分近づく。
今日から秋が深まった。

コメント(3) TOP
Categorie今日のぷんさん

2020’09.22・Tue

敬老の日

昨日は敬老の日でした。
だからと言うわけではないのですが、ファミレスの優待券があったので、近くに住む両親と昼の食事に出かけました。八十の坂を超えた両親はファミレスなんか何十年も行ってない。
私の記憶では二十年以上前の親戚のお葬式の帰りに寄ったくらいです。

父は母の作る料理が大好きだし、コーヒーを飲む喫茶店(カフェではない)は決まっているし、以前は時々通っていた一杯飲みに居酒屋にもめっきりいかなくなって、外食をする機会が念に数回くらいです。
しかし二人とも社交的な人たちで、話をすることも聞くことも好きなので、私たちや妹夫婦が行くと、いつも非常に喜んでいます。

ってなわけで、自転車に乗って行けるファミレスまで迎えに行きました。
休日のお昼過ぎで結構混んでいましたが、みんなマスクをつけているし、ここまで来て引き返すのもなぁと思っていると、結構早く順番が来て。六人掛けの席に四人で座りました。
隣の席とは遮蔽物もあるので、やや安心です。

父や母は滅多に見ないファミレスの分厚いメニューを珍しそうに見ていましたが、母はビーフシチューセット(デザート付き)、父はなんとアボガドサラダとパンケーキ(スープ付き)を選びました。
和食だと思ってたのに!!!
決まったものしか食べないと思っていたのでびっくり!
ちなみに夫は和食の御膳。私もミニ御膳。

こんなの食べるの初めてや。と言いながらアボガドを食べていました。
私は苦手なのでほぼ食べない食材です。
三枚重ねのパンケーキもぺろりと平らげて、これまたびっくり。
たまにはこう言うのもいいねと笑い合いました。

いろんな話をしましたが、昔の話になると記憶は確か。
亡くなった近所の人のお葬式の出来事、親戚の話、今はもうない商店街のお店。
話題はつきません。
近くなのだから、会おうと思えばいつだって会えるけど、食事をするのは久しぶりです。
すごく喜んで帰りました。
ファミレスのランチなんかであんなに喜んでもらえて、私も嬉しかった。
こんな時間はかけがえがない。
後何回できるかわからない。
すでに昨日のこと、だからその時が一番大切な瞬間。

子供の頃は両親を敬老するなんて、思いもしなかった。
コロナで、友達にも会いに行けず、親しい親戚も遠くに行って、最近寂しい両親。
ボケてはいないけど、父の自転車をこぐ足つきは弱々しかった(アシスト付きなのに)

反抗した子供時代もあったけど、今では大切な可愛い愛情溢れる両親です。
孫たちは諸事情でなかなか顔を見に行ってあげられないようだけど、せめて私は顔を出そう。
笑顔を見せよう。

ありがとう、父さん母さん。
ずっと元気で、いつまでも私の両親でいてください。
あなたの娘は世間でしっかりやれています。
お二人のおかげです。

コメント(3) TOP
Categorie今日のぷんさん

ツィッターのタイムラインで、ある作家様(商業デビューをされている)が無期限休止という宣言をされているのを見かけました。
そして、その方のブログを読みに行ったのです。
そこには、創作をする上での苦しみが切々と綴られていました。

かなり成功された方のようで、最盛期(このような言い方をするのは失礼ですが)には、たくさん感想が寄せられたみたいです。
でも次第に新作を書いても書いても書いても、なんの反応も得られなくなったとお嘆きでした。
そして自分の作品に価値がないと、自重気味に語られ、筆を置くことを決意されたようです。


私は作家としてちっとも成功してはいませんが、それでも共感できる部分がありました。
物語が好きで沢山の本を読んで、映画やアニメ、漫画などで燃料をもらい、自分の中で膨れ上がる思いを吐き出したくて、私は物語を書き始めたのです。
最初は趣味でサイトに。
きてくださるお客さんは、お友達だけ。
BBSやPBBSでおしゃべりして満足でした。
でも検索サーチ様に登録して更新を発表すると、一気に読者さんが増えました。
確か「茜」の頃かな?
設置したメールフォームに感想がちらほらいただけるようになって、テンションが上がり、「ノヴァゼムーリャの領主」連載の頃には毎週一回の更新だったにもかかわらず、降るように感想が。
とてもとても嬉しかったです。大切に保存するほどに。
どんどん筆が進みました。

その後いろいろあって、なろうさんやアルファポリスさんに登録し、サイトの方は諸事情で閉鎖。
なろうで連載を始めた「灰色のマリエ」は初めてランキング1位を取ったこともあり、たくさんのご感想をいただきました。そんなこんなで私も書籍化デビューをすることができたのです。
2014年のことです。
その後、何冊か本を出さしていただきましたが、いわゆるラノベやTL小説には流行があり、婚約破棄や悪役令嬢、異世界転生、その他のテンプレートが次々に出てきて、自分の好きなものしか書けない私は、その波に乗ることができませんでした。
30文字くらいはザラの長いタイトルも苦手だったし。

「ビースト † ブラッド」がアメリカの出版社に認められた他は、この二年間、書籍化のお話はいただいておりません。
そのせいか、いくつか物語を書いても以前ほどご反応をいただけなくなりました。
私にはご存知の通り、本業があります。専門職です。
だから作家一本の方と違って、書籍化が最優先ではないため、作品に緊張感がないのかもしれません。

でも書籍化したくない訳ではないですよ。
書籍化はとても名誉なことだし、紙書籍しか読まない方も多くいらっしゃいますから。
でも、その前に「面白かった」「続きが読みたい」と言ってもらえることが、いつしか私の創作のモチベーションになっていました。
もちろん好きで書くのですが、多くの方に読んでほしい気持ちはしっかりあるのです。
長いことwebに生息していると、サイトのURLも公開せずに、完結したら作品を削除されるというオンライン作家様も稀にお見かけします。
けれども、ほとんどのオンライン作家は、好きで書いてはいても、読んで欲しい気持ちは常にあると思います。

数字でアクセス数はある程度わかるので、例えば一生懸命に5000文字書いて更新し、100人の人が読みにきてくれたとして、誰からも何も言われないと、面白くなかったのかな? やっぱりテンプレートじゃないからかな?
という、ネガティブ思考に陥ります。
それが一度ならず十回の更新でもそんなだと、自分の物語には価値がない、と思う時もあります。

くだんの作家様がおっしゃるように、自作品をゴミだとは思いません。
どんなに拙いものでも、一生懸命育てた作品は子どものようなものだからです。
だけど、暗闇で一人で踊っているピエロみたいな気分になることは、ままあります。
そんな時「楽しみにしてます」「〜が好きです」「〜の台詞がいいですね」
などの一言はまさに神の雫!
たちまちモチベーションが上がります。

もちろん、連載作品じゃなくても過去作品でも構いません。
完結してから読みにきてくださる読者さんもいるからです。
そして、批判じゃない、前向きなご意見でもありがたく伺いたいと思います。
イメージイラストなど頂けたら、鼻血吹きまっせ!

なので、私の大切な読者様にお願いです。
更新ごとに毎回でなくて、いいです。
何回かに一度でも、過去作を再読したときでもいいので、たまに頑張れよと一言いただけたら、とても嬉しいです。

現在、新作のプロットを必死で書いております。
コロナ禍で大変ですが、今年中に連載が開始できたらいいなと、プロットから下書き、そして連載の書きだめへと作業を進めて参りたいと思っています。

連載開始時は報告しますので、またよろしくお願いします!
もちろん、その間にお言葉いただけるならどんどんください!
ご感想でも、レビューでも、星でもなんでも構いません。
もちろん私の書籍の購入報告なら、とてもとても嬉しいです!
無料版で十分です!

文野さとにガソリンをください!

創作には制作過程の楽しみ(自己満足)とともに、結果への評価(自己肯定感)も必要なのです!

現在、私の物語が読めるのは

小説家になろう様
https://mypage.syosetu.com/18224/

ムーンライト様(R18)
https://xmypage.syosetu.com/x1915c/

アルファポリス様
https://www.alphapolis.co.jp/author/detail/45069645

カクヨム様
https://kakuyomu.jp/users/satofumino

です。
重複しているものもありますが(微妙に違ったりしますが)、そこでしか読めないものもありますよ!

こんなしがない辺境生息の低空飛行作家、文野さとですが、何とぞ今後ともよろしくお願いします。
なお、この件に関しましてのご批判、誹謗はご遠慮くださいますよう、お願いたします。

コメント(7) TOP
Categorie今日のぷんさん

2020’08.14・Fri

暑く短い夏休み

お久しぶりです!

下の記事を前面に出したいために、ブログをちょっとお休みしていました。
おかげさまで自己出版「春を待つ狼」は毎日すこしずつですが、販売を伸ばしています。
と言っても、当社比で売れっ子作家さんのように何百冊も一気に出るわけではありません。
それでも!
「ノヴァゼムーリャの領主」を、レーニエをファイザルを、好きだと思ってくださる方々が応援してくれているのです。
無料版もあるのに、皆お金を出して購入してくださっています。
お金が目的ではないとはいえ、お気持ちとてもありがたいです。

もし、まだの方で買ってやろうと思われた方はこちらををクリックしてください。表紙絵も私が描いています。

https://amazon.co.jp/dp/B08DM5JVLW



さて、私はこの禍のなかで短いお休みを堪能しています。
毎日35度もある中、できるだけ出歩かずに、家で本や映画を見ています。
年老いた両親にもできるだけ出歩かないように言うのですが、本来社交的な人たちなので、心配なのです。
2020の春夏は長く人の記憶に残ることでしょう。
まさにコロナ元年です。
感染症に熱中症。どちらも怖い怖い。
まだ熱中症は注意していれば防げるだけマシかな?

秋冬になればインフルも流行るでしょう。
そうなったら我々はどうすればいいのか?この禍の行き着く先はどこになるのか、全く見通しがつきません。
明るく暑い日差しの下で真っ暗な不安が蟠っています。
皆様どうぞお気をつけて!

コメント(2) TOP
Categorie今日のぷんさん

こんにちは!

不安な空気に包まれる列島です。御多分にもれず、文野も不安な毎日です。連休は引きこもっています。
ここでささやかですがニュースがあります!

「ノヴァゼムーリャの領主」第三部「春を待つ狼Amazonより発売です!


このほど修正と校正を終え、めんどくさい手続きを終え、ようやく発売しました!
自己出版する電子書籍の形式です。

春を待つ狼

で検索してください。

こちらでもOK!

https://amazon.co.jp/dp/B08DM5JVLW

なんと、Amazon の Kindle Unlimited会員様には無料です!
もしお買い上げいただけたら、作者には非常な励みとなります。なかなか紙の本が出せないので……。
ちなみに表紙絵も私が描いております!
以前描いたものの焼き直しですが、今回少しいじって表紙にしました。
昔は絵をたくさん描いていたなぁ。
そして、中身には、今まで公開してこなかったノヴァゼムーリャの地図も入れてあります!

注意点です。
一箇所だけ、えっちいな場面があるので、ジャンルをアダルトに入れてしまったのですが、大きくアダルトと書いている割には、大したことは全然ありません。
卑猥な表現などしておりません。
海外ロマンス本にはもっとえちいな場面があると思うので、アダルトに入れなくてもいいのかと思いましたが、審査に引っかかっても嫌なので、あえての選択です。
あくまでもロマンチックに、そして切ない感じで描いております。
(追記:修正申告してアダルトジャンルではなくなりました!Kindle Unlimitedさんありがとうございます!)


レーニエちゃんが、あーんなことになって、ファイザル兄さん浮気疑惑!?
もちろん、アクションもたっぷりです!
絶対おもしろいと思います!

後、検索したら同名の本が出てきました。こちらを私は全く知らなかったのですが、私の作品は10年以上前にタイトルをつけておりますので、真似っこではありません。
単なる偶然です。

それにしても、皆様からの励ましのお言葉で、とうとうここまでたどり着きました!
本当にありがとうございます!
不遇な運命を辿ったこの作品ですが、こんな形で世に出すことができました。
もしよろしければ、ご評価・レビューなど書いていただければと思います。
星だけでも構いません。
どうぞ、よろしくお願いします!
よかったら拍手ポチだけでもしたってください。

2020.7 文野さと

春を待つ狼

コメント(2) TOP
Categorie今日のぷんさん

 |TOPBack