FC2ブログ
2019’01.20・Sun

ジモティー!

地元が好きです。
生まれた時からほとんど同じところに住んでいます。
結婚などで数回の引越しをしましたが、ほとんど半径3キロ以内のところしか移動しておりませぬ。
今住んでいるところなんか、小学校の校区だし。(不思議なことに、中学校の校区ではないのですが)。
下町だけど、静かだし便利だし、日常生活のどこへでも自転車で行けるし。
しかし、古い家が取り壊されて小規模マンションがいくつも建ったり、商店街が閉まったシャッターばかりになったり
長い間活気がありませんでした。
しかし、最近は有志の人たち主催でイベントがあちこちであったり、町の不動産屋さんが頑張って古い町屋のリノベーションをしたりと、少しずつ賑わいを見せています。
商店街にいくつものお店がオープンし、町屋を利用したカフェもあちこちにあって、休日にランチ巡りをするのが密かな楽しみです。
みんなこの街が好きなんだなぁって思います。
無論そこはかつての昭和の町並みではないし、住んでいる人も違う。
でも、大好きな街だ。
美容院に行っても、整骨院に行っても、カフェに行っても地元の話に花が咲く。

そんな街で、私は来週地元の情報誌のインタビューを受けます。
インタビューはウェブでは2回ほど受けたけど、対面では初めてです。
木の王まつエクやったんだけど、写真を撮って貰うかどうかわかりません。最初はお断りしてたんだけど、なぜかまつエク入れたのは私が俗物だからです。
や、もともとどうしようもないおばちゃんなんで、被写体としても劣悪なんですけど。
まぁペンネームからして地元(に近い)だし、ツィッターで地元のお店のランチを紹介したりしているから、お声がかかったんだと思うんだけど、少しでも協力できたらと思って受けました。
そんで、私の作品を少しでも地元の人たちに読んでいただきたいなぁ。



コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

平成最後のお正月です。
今日は近所の神社とお寺に初詣に行き、30日にお節を作った実家に行って両親に挨拶をしました。

さて、一年の計は元旦にありとの言葉があるので、今年も無駄かもしれないけれども、やってみようかと思います。

◆創作
新作を書き始める。連載にするかどうかは不明。本を出す出さないは、私の一存ではないのでここには書けません。
「ビースト † ブラッド」の販促頑張る。

◆仕事
年齢に応じた落ち着きを持って、誠実に仕事に当たる。
焦らない。若い人に気軽に声をかけてもらえるよう且つ、忌憚なく意見を言えるような存在に。
自分の持つ知識、経験、技量を提供するが、押し付けないこと。

◆プライベート
家族仲良く。親孝行する。特に家人と口喧嘩をしない。
家事でしんどくなるくらいなら手を抜く。好きな料理もしすぎない(やって疲れて不機嫌になるくらいなら手を抜く)。
健康で過ごす。筋トレとジョッグを無理のないようにする。
体重を3キロ以上減らす(5キロが理想)。人間ドックの数値の改善。
2月のファミリーマラソンを完走する。


こんなところでしょうか?
あまり上を見過ぎないようにしたいです。

コメント(1) TOP
Categorie今日のぷんさん

お節作りも、大掃除も無事終えて、静かな大晦日を過ごしています。
家人は出かけているので本当に一人、ああゆっくり好きなことできる。
最高です!

昨日は実家でお節を作りました。
ツィッターでも、つぶやいたけれど両親が健在でとりあえず元気ということが、どれだけありがたいことか身に沁みます。
父は夏の終わりに肺炎で入院し、母は年末に体調を崩していましたが、なんとか今年もお節に間に合い、妹一家も合わせて、家族仲良く過ごすことができました。
いつまでこんな日々が続くのかわかりませんが、1日1日を大切にして行きたい。

仕事では
今年はチームを離れてやや上の立場になったけれど、それなりに楽しかったし、勉強にもなった。
直接的な密な関わり合いは減ったけれど、自分の年齢としたら、こういう立場での物の言い方や、関わり方を学ぶべきだとも思います。
たくさんのものを作って供給もできたし、どんな立場であろうとも、自分は自分の仕事をするだけだと思います。

創作では
二月に続けて文野さと、と、街みさおで、一冊ずつの本を出したけれど、そのあとは特に何も出ませんでしたね。
売り上げの方も、ものすごい訳でもなく、まぁ見捨てられない程度の飛行高度だったと思います。
でも真面目に書いた「茜」が、人の目にとまり、やや形を変えて、世に出せたということは大変ありがたかったです。
人の目にとまるという意味では、この春に「ビースト・ブラッド」をアメリカの方が読んで下さって、書籍化の連絡をいただけたってことも、非常に驚き、且つ嬉しいことでした。
詳細は前回に書いたので省きますが、とにかく目立たない私の作品に目を止めてもらえたことが、ひたすら嬉しかったです。
おかげさまで英訳版が、2月28日に電子で発売です。
今は「月下の虎は甘く冷たい指先を食む」のクライマックスに向けて、見直しを続けているところです。
うまくいけば1月初旬には完結できます。
ですが、あいも変わらず超人気とはならず、落ちない程度の高度での巡行です。
次回作のプロットはまだ手をつけたばかりですが、目処がつき次第、執筆を開始したいです。
多分来年も、良くて一冊、悪ければ、なんの本も出せないと思います。
もともと趣味で書いているスタンスですので、本になればそりゃ嬉しいし、買ってほしいけれど、頑張ってできることとできないことがありますので、来年も低空飛行作家のままでしょう。
だからこそ、好きと言ってくださる読者様が、とてもとてもありがたい。
こんなダメな作者ですが、時々でいいので、温かいお言葉いただけると頑張れる気がします。

ではお返事です。2ヶ月以上も放置ですみませんでした。


*nikonさん
2ヶ月以上もお返事が滞って申し訳ありません。
月下もあれからだいぶ進みましたが、まだ見てくださっておられるでしょうか?
来年初めに完結予定です!


*わかわかさん
たくさんのメッセ、ありがとうです!
ここまでたどり着きましたよ! 見てくださってますか? ティガール、カッコ良いですか?


*Franさん
いつもありがとうございます。大切な古い読者の一人です。一緒に歳をとりましょうね。
そして、ビーストにもお言葉ありがとうです。
この作品はファンタジーというよりも、SFで毛っこ王尖った世界観ですが、異国の方に認めてもらえたことは結構な自信になります。
ホタの作品も、魔法とか出てこない、単に異世界ってだけのものなんですけども、今の連載も、また見てくださいね。


*あっちょんさん
続きを書き続けて、年越し連続更新ですよ!


*七瀬さん
いつもありがとうございます。ほんとどうしようもないメンタルの時がありますね。
ブログも、なかなか更新できないけれど、たまに覗きに来てくださると嬉しいな
夕日のシーンにもコメントありがとうです!
ノヴァの出版社さんにアクション起こしてくださるなら、とてもとてもありがたいです!
作者がどうあがいてもダメなのです。

*繭子さん
ありがとうございます!


*あゆなさん
茜、読んでもらえて嬉しかったです!
メンタルダメダメの時の私をお気遣いくださいまして、ありがとうございます。なんとか生きております。


*ハルスミさん
そうなんです「ノヴァゼムーリャの領主」はなかなか悔しいんですが、本編は残してありますので、楽しんでくださいませ。


*しゅーくりーむぷりんさん
「ノヴァゼムーリャの領主」ご購入くださいまして、ありがとうございます!
月下の方もここまでたどり着きましたよ!


*一ファンよりさん
ツィッターからブログに飛んできてくださいまして、ありがとうございます。
ノヴァも残ねな結果にはなりましたが、私の中ではまだみんな生き生きと暮らしています。
これからも私の作品を好きでいてください。


*GBさん
お久しぶりです!嫌です〜返信します〜。だって古参の読者さんは大切なんですもの!
ええ、ビーストの英訳!本人が一番びっくりしております。
英語なので、なかなか読みにくいとは思いますが、応援してくださると嬉しいです!
月下の虎は甘く冷たい指先を食む、もよろしくです!


他にも、お名前なしでたくさんのメッセージをいただきました。
本当にありがとうございます。

みなさまどうぞ良いお年をお迎えください。
そしてきたる年が、穏やかで幸せなものとなりますように。

文野さと 拝


コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

2018’12.22・Sat

今年の振り返り1。

年始に立てた目標は以下の通りでした。

1、家族で仲良く健康的に過ごす。できるだけ親孝行もする。太らない。

2、できたら新連載を書き始める。

3、仕事であれもこれもと頑張らない。

4、必要な課題はこなす。

5、できればクリスタの修行もする。


結果。

1はややダメ。人間ドックの結果がいくつか要観察だった。おまけに一時は太った(現在は元に戻り中)。
あんなにジョギングしたのになぁ。

あとは、5以外は達成したと思います。クリスタは全然やってません。
どうすんの? せっかくソフトも液タブも買ったのに。

でもまぁ、思い通りにいかないから人生さと開き直りつつ、来年も年始に目標を立ててみようと思います。

内容がない記事ですみません。
(宣伝よけ)


コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

やや、びろうな話なので、お食事中の方はUターン!


 ...READ MORE?

コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

 |TOPBack