FC2ブログ
8年前の今日の今頃、我々はテレビに釘付けだった。
押し寄せる真っ黒い水の向こうに、一体どれだけの人がいるのだろうかと、ひたすら「お願い助けて!お願い助けて!」という言葉を繰り返していた。
誰に願っているのかわからないけど、ひたすらその言葉を繰り返していたような気がする。
阪神大震災を多少なりとも経験した自分はただただ恐ろしかった。
そして首都圏では交通手段が止まり、家に帰れない人たちの悲鳴がツイッターにあふれていた。
情報が錯綜して、ここでも私はオロオロするしかなかった。
恐ろしい気持ちで迎えた春。

あれからいろんなことがあった。
大雨、土砂崩れ、台風、そして地震。大規模な災害の起きなかった年はなかった。
心底の冷える犯罪もいくつも起きた。
事故も起きた。
まったく、何事もなく生活をしていることが不思議なほど、辛い時もあった。
平成という時代には戦争はなかった。
そのことは喜ばしいが、一方で災害、そして鬱屈したやるせなさの時代であったと思う。

身の回りでは父が事故にあったり、義父が亡くなったりした。
自分は3回転勤をして、なんとか元気に働いている。本も出せた。
8年は短くはない。けれども長くもない。

被災地では瓦礫はなくなり、更地となっても、まだ見つからない人はいる。
家を失ったり、肉親を亡くした方の傷がこの月日で癒えるとはとても思えない。
TVで報道するのは大切だが、通り一遍の取材ではとても伝わらないだろう。
原発のことは言うに及ばず、悔しくて悔しくて腹が煮える。
それでも。
被災者の方々は静かに祈り、そして日常を暮らしておられる。
塞いでおられても、頑張っておられても、淡々と過ごされてもいい。
私たちはその全てを真摯に受け止めなくてはならない。
お金が少しでも助けになるんだったら、お金を送ろう。
政治にはもっと頑張ってもらいたい。

忘れてはいけない日がこの国にはいくつもある。



コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

2019’02.27・Wed

またひとつ歳をとって

平成最後の誕生日は土曜日でした。
 ...READ MORE?

コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

S市の市民マラソンファミリー部門を走ってきました!
O泉緑地という公園を一周します。
出走の一時間も早く着いて、式典なんかにも参加してたんだけど、スタート前は流石にちょびっと緊張しました。
なんと1500人以上の参加者が集合していました。
ファミリー等だけあって、小さな子からその保護者の方が多かったです。年配の方もちらほら。
距離的には大したことないんだけど、走り始めて少しは体が硬かった。
でもみんなと一緒っていうのは、なかなか刺激になって抜かれたり抜いたりもしたけど、調子良く3キロを走り抜けました。
タイムは18分少々で、まぁタイムも順位も関係ないけどこの歳にしてはまぁまぁかな。
いつもは5〜6キロを30分くらいかけて走っているんだけど、一人でチンタラ走っているよりもずっと良かった!

これで今年の目標の一つは叶ったな。
来年もエントリーできたらいいなぁ。

コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

2019’02.07・Thu

事件

またしても幼い命が、その親によって絶たれてしまった。
事件の詳細は報道されている範囲でしか知らないけれど、世間の反応は様々だ。

やれ学校が悪い、教育委員会が悪い、家庭児童相談所が悪い、母親が悪い(虐待を見逃したということで後日逮捕)。
私は言いたいよ。
一番悪いのは、父親というのも憚られる男だろう。
以下、似たような意見があるかもしれないけれど、私個人的に思っていることを吐き出します。
支離滅裂な文になっていると思います。
今週はこの事件でずっと気分が悪かった。

 ...READ MORE?

コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

2019’01.20・Sun

ジモティー!

地元が好きです。
生まれた時からほとんど同じところに住んでいます。
結婚などで数回の引越しをしましたが、ほとんど半径3キロ以内のところしか移動しておりませぬ。
今住んでいるところなんか、小学校の校区だし。(不思議なことに、中学校の校区ではないのですが)。
下町だけど、静かだし便利だし、日常生活のどこへでも自転車で行けるし。
しかし、古い家が取り壊されて小規模マンションがいくつも建ったり、商店街が閉まったシャッターばかりになったり
長い間活気がありませんでした。
しかし、最近は有志の人たち主催でイベントがあちこちであったり、町の不動産屋さんが頑張って古い町屋のリノベーションをしたりと、少しずつ賑わいを見せています。
商店街にいくつものお店がオープンし、町屋を利用したカフェもあちこちにあって、休日にランチ巡りをするのが密かな楽しみです。
みんなこの街が好きなんだなぁって思います。
無論そこはかつての昭和の町並みではないし、住んでいる人も違う。
でも、大好きな街だ。
美容院に行っても、整骨院に行っても、カフェに行っても地元の話に花が咲く。

そんな街で、私は来週地元の情報誌のインタビューを受けます。
インタビューはウェブでは2回ほど受けたけど、対面では初めてです。
木の王まつエクやったんだけど、写真を撮って貰うかどうかわかりません。最初はお断りしてたんだけど、なぜかまつエク入れたのは私が俗物だからです。
や、もともとどうしようもないおばちゃんなんで、被写体としても劣悪なんですけど。
まぁペンネームからして地元(に近い)だし、ツィッターで地元のお店のランチを紹介したりしているから、お声がかかったんだと思うんだけど、少しでも協力できたらと思って受けました。
そんで、私の作品を少しでも地元の人たちに読んでいただきたいなぁ。



コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

 |TOPBack