に、山岸涼子展 ~ 光 ~ を見に行って来ました。

同世代の漫画好きなら、もうたまらんですたい!
の世界です。

私は初期の作品はリアルではほとんど読んでいないのですが、超学校の時、マーガレットに短編があって絵が洒落ていて、雰囲気が他のと違って他のがあって多分それが、初見。
パリのアパルトマンの二階に越して来た女の人(娼婦?)と仲良くなる青年の話。タイトル思い出せない。誰か教えて!
コールガールという言葉を初めて知りました。母に聞いても意味は教えてくれなかった。

で、「アラベスク」みて綺麗だなぁって思って、でも、その時は内面まで掘り下げて考えられなかった。で、私はマーガレット買ってなくて、なかよしとりぼんだったので、しばらく離れてた。
多分その次くらいが「日出処の天子」だったと思います。
今から思えば、よくあれ当時描かせてもらえたよねってほどのすごい作品で。主人公が聖徳太子の子供の頃なんですわ。
詳しくはみなさん知っているので書きませんね。

そんで何この人、すげぇって思って「妖精王」とか、割と初期の「グリーンカーネーション」とか恐怖(ホラー)ものだとか、どっかどっか読みまくり。
描けるテーマも広いのも山岸先生のすごいとこだと思う。バレエはもちろん、歴史(それも古代エジプトから飛鳥まで!)、ホラー、サイコも書けば、BL、ほのぼの日常系も描けるという。
これはテレプシコーラも早く読まねば!

今回はあの頃見とれた、アラベスクや日出処の天子の扉絵やカラー原画がいっぱいあって、その繊細で緻密な線と塗りにうっとり眼福でした。
外国の方も多くて、英語の説明もあって見入っていらっしゃいました。

最近漫画家さんの原画展よく行くのですが、どれも素晴らしかった!
やもうここまでくると立派な文化だと思います。

ミュージアム自体もすごくいい雰囲気だったのでまた是非行きたいです。

コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

ウソン!

6月初旬以降、お返事買い取りませんでしたがな。そら見放されるわ。
まぁ転勤して古巣に戻ったはいいけど、数ヶ月はゴタゴタしましたしね。おかけに骨折してるし。
夏の目標の一つお絵かきはこれでパァです。
新作の方はぼちぼちです。

優先順位が上位事項が二つもできたので、ちょっと停滞していますが、こちらは少しずつでも進ませるつもり。ただいつ陽の目を見るかは謎です。一年以上かかるかも。
あと、悠然順位上位事項のことについては、報告が出来次第こちらでいたします。
こちらもできるといいなって感じです。

あ、そうそう!
これを書いておかなければ!

現在「シャドウ・ガール」文庫版1・2巻発売中です!

割と楽しいめの書き下ろし番外付きです。3巻も近いうちに出ると思います。
どうぞよろしくお願い致します。
お言葉、ご評価、レビューなど、低空飛行辺境作家のモチベーションをあげてくださる、可視的なアクションもお待ち申し上げております。あざとくてすみません。


それでは、大変遅くなりましたが、私を励ましてくれる数少ないツールである、皆様からのメッセージに対してのお返事です。

*ruuuuさん
Blood+の頃からのお客様でしたか!
最近少し動きがあってファンとしては嬉しい限りです。ツイッターの方も愚痴や怒りばかり垂れ流していますが、是非よろしくお願いします。。


*七瀬さん
いつもほんとうにありがとうございます。
仕事辛いですね!わかります。わかりすぎます。
この国は労働者の善意ややる気、努力を「ただ」だと思っているのですよ!
もちろん我々の意識も変えなくちゃいかんと思います!
できないことはできないという。無理して笑わない。あと、某物流会社でやっていたような、便利さを当たり前だ、サービスはただと思わずに、裏方さんで頑張っている人たちのご苦労に思いを馳せることですよ。
今日私は地下鉄の階段を磨いてくださる人を見ました。いつも何気なく使っている階段はこの人たちの手によって美しく保たれていたのです。
人生も曲がり角を曲がっています。どうぞ有意義に過ごしましょうね!


*夕雁さん
素敵なハンドルネームですね!
野人読んでくださってありがとうございます!なかなか女性には好かれないジャンルでしたが、だからこそこういうお言葉は宝物です。


*迷い月さん
お返事遅れてすみません。野人追いかけてくださってありがとうございます!
あかねの方の電子版も見てくれたんですね!もうもう感謝です。
両作品共流行のタグは一切入っておりません。目立たなさ200%ですが、それでも古いお客様がいるのでありがたいです。
2巻はいつになることかわかりませんが。わかり次第アナウンスしますね!


*Franさん
あああ!閣下見てくださっていたんですね!
やっぱり、俺様ヘタレという私の定番ヒーローで、もうごめんなさいとしか(笑)
誤字はだいぶん直したつもりなんですが、読みにくくてすみません。
ちょっとラストが弱いので暇になったら加筆予定です!
茜の2は私にもわかりません。(笑)わかり次第、アナウンスいたします!
骨折もお見舞いも、ありがとうございます。今は無理やりギプスをとってリハビリ中です!


*Megママさん
野人読んでいただきありがとうございます!
誤字も直しました。お礼が遅くなってごめんなさい。
私は昔からSFや今日リュが好きで書いていて楽しい作品でしたが、超マイナージャンルでした。
でも、こういうお言葉で励まされます!


*ぶちさん
ええええ!マリエ二冊目購入ですか? あのあのありがたいやら申し訳ないやら。
本当に感謝です!
印刷はどうかわからないですが、私も紙ベースの方が読みやすいのは確かです。
ただ印刷代もバカにならないので、無理なさらないでくださいね。
私の書くお話は、私がこうだったらいいなともうことを書くようにしています。
最近は編集さんから少しアドバイスもいただけるようになったので、少しは時流ということ意識しておりますが、あまりベタ甘! トリップ! とかではないので見つかりにくいんかな?
体調は大丈夫ですが、骨折してしまいちょっと不便な毎日ですが、お休みの間にできるだけ水面下で進めていこうと思っています。骨折のお見舞いもありがとうございます!なんとかリハビリでやっております!
また是非いらしてください!


*ななしさん
こねた見てくださってありがとうです!
ちょっと停滞しておりますがまた折を見つけて書きますね。
2巻も出たらいいのになぁ。こればっかりはねぇ。


*setsuさん
13周年のお祝い、ありがとうございます!
手の骨折は厳しいですよね。いかに無意識にふだん使っていたかわかります。
病気の時もそうでしたが、無くして初めて気付くというベタな話です。
サイトの方も続けてまいりたいと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!


あと、プレゼント企画の帆報告もお手間をかけてすみません。
事故(骨折)のためお送りできていない方もいらっしゃいます。
お盆休みのうちになんとかしますので!

あ、それから2巻の見本誌も届きました!
もしよければこちらもプレゼントいたします。6〜7冊を予定しています。
ありそうもないですが、応募者多数の場合は初めての方優先でしたいと思います。
連絡先などをメールフォムからお知らせ下さい。以前いただいた文は個人情報ですのできっぱり処分いたしました。
申し込まれる方は、大変すみませんが、送料だけ着払いでご負担ください。

よろしくお願いいたします!

コメント(0) TOP
Categorieフォームお返事

2017’08.01・Tue

13周年!

本当な小ネタの続きでもやりたかったんですけど、今日は二つも外周りで疲れたので、よしなしごと飲み書き綴ります。
小ネタは希望があればかきます。

とりあえず、最低限の目標、サイト継続は達成しております。
倉庫と化しておるけれども、ブログは稼働しているし、全く動いてないわけじゃないし。
何より創作はゆるゆるでも止まってないです。褒めて?

最近は創作支援サイトさんのおかげで、作品発表が容易になありました。
でもそのおかげですごい流行の波があって、私なんかは完全に乗り遅れているのですが。

それでもこの一年で、長年の悲願であった「ノヴァゼムーリャの領主」がとりあえず一巻は出たし、続刊は不明だけれども
とにかく嬉しかった。また今年度になってからは「シャドウ・ガール」が文庫化された。
2巻目の告知もされています。
私にとっては十分なことです。皆様のおかげです!

また、完全新作ではないけれども、いつか長編にしたいと短編をまとめた「あらかると」から初めての長編を起こせたし。
それが短期集中連載「閣下、この婚約はお仕事です」
それでも13万文字は書いたよ。

今後とも「低空飛行でも落ちない辺境作家」で、辺境サイトの管理人を続けていきたい所存です。
どうぞ皆さま、お見守りください。
そしてたまにはお言葉を賜りたく存じます。この年代の女性は皆忙しいのでたまにでいいです。
ご新規さまでも古参さまでも、同じくありがたい私の宝物です。
昔乙女のために私は書いているのです。

もう少ししたら、新たにアナウンスできることがあるかもしれません。
ブログでももちろんいたしますので、どうぞ時々のぞいてやってくださいませ。

文野さと@ぷんにゃご 拝




コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん


その日、久々の街遊びから帰ってきたレーニエはファイザルの執務室の扉を開けるなり、駆け寄って夫の顎に手を添えて唇を寄せて言った。
「ヨシュア? ***を****したら嬉しい? そんで、****か***で、**せてあげる。だから今夜ははやく帰ってきてね」
ブッフォオ! ガッシャン。
「わー、どうしたの? ヨシュア、くしゃみを我慢したの? あーあ、机の上の書類がびしょびしょだよ。拭かないと」
 レーニエは、妻の凛々しくも愛らしい唇から飛び出した聞く担えない卑猥な言葉に、飲んでいた茶を全部吹き、おまけにカップまで落として机上を台無しにしているファイザルに慌てて駆け寄った。
「ああ、これはひどい。JJ、何か拭くもの持ってない? あれ? JJ」
今日一緒に、王都の下町に連れ出してくれた赤毛の美丈夫は、いつのまにか姿を消している。つい今し方まで一緒にいたのに。
「もう……ヨシュア、ごめんね? あれ? ヨシュア?」
レーニエの大好きな頼もしい夫は、瞳孔を小さくして固まっている。その向こうで白目を剥いているのはジャヌーである。
「れ、レナ?」
「なぁに?」
男装の姫君は無邪気に自分のしていた、シャツのリボンを解いて夫の顔を拭きながら首をかしげた。いつもの彼女の癖である。
「俺の耳がどうかしてしまったようだ。さっき何かいいかけたようだが、レナ、あなたは何を言いたかったのかな?」
「さっき? ああ、だから***を……」
「わああああああ!」
周囲を敵に取り囲まれても、動じたりしない歴戦の勇士は顔を真っ赤にして、ごつい手でその口を覆った。
「ふが……」
「そんな言葉をどこで覚えた⁉︎」
「もがっ」
答えようにも顔の下半分を塞がれ、息もできないレーニエは抗議の証として、小さな握り拳でファイザルの暑い胸をトントンと叩いた。
「あ? ああ! レナ、すまない」
「もうっ! 苦しいよ! 死ぬかと思った」
「そんな恐ろしいことを言わないでくれ、レナ。でも、あなたはさっき」
「ああ、**……」
「だああああああ!」
「な、なに?」
「あなたはどこまで意味がわかって言ってるのか?」
「いや、実はわからない。でもさっきJJが連れて言ってくれた、綺麗なご婦人がたくさんいるお店で、女の人が……うん、あれはきっと好きな殿方に言ってたんだろう」
「……」
「とても魅力的な笑顔でね、最後だけはわかった。今夜きてねって言ってたから、多分愛の言葉だと思って、JJに尋ねたらそうだって」
「へえええ〜」
ファイザルの声は地を這うように低くなった。
「だから、私も使ってみた!」
「……で、奴はどこだ?」
ファイザルの目は部屋の隅で真っ青になっているジャヌーニ向けられている。
「さ、さぁ。俺は存じません。閣下が茶をお吹きになった瞬間、姿を消されてしまわれました」
「殺す!」
「ヨシュア?」
「俺のレナを娼館などに連れて行きやがって、しかもいかがわしい言葉を俺のレナの耳に……くそ!」
「ヨシュア? さっきから何をぶつぶつ。怒ってるの? 約束を守るんなら街遊びは行っていいって言ってくれたでしょ?」
「レナ、さっきの言葉はもう使ってはいけない」
「なんで? 意味と訳を教えて」
「あなたの可愛い耳と口が穢れる」
「は?」
「ジャヌー!」
レーニエの疑問を無視してファイザルは部下に氷の視線を送った。
「は……はっ!」
「すぐにあいつをここに連れてこい! あ、レナはもうお母上の元に帰っていなさい」
「? うん。だけど、今夜はヨミセがあるんだって! JJと一緒に行こうと約束したんだ。ヨシュアも一緒に行こう! 非番だって言ってただろう? みんなで行こう! ヨミセ!」
ニコニコしながらレーニエは執務室を出て行き、後にはどす黒い顔色になった将軍閣下と、茹でた青菜のような様子の部下が残された。



<(希望があれば)続く!>


ヨミセとは多分夜店のこと。
さてレナたんの言ってた***にはどんなセリフが入るのでしょうか?

コメント(0) TOP
Categorieコネタ

2017’07.29・Sat

ただいま負傷中!

くっそ暑い、亜熱帯日本。みなさま元気ですか?

私は気持ちはともかく、この暑いのに右手首にはがっつりギプスが巻かれております。
今週火曜日深夜2時、私は出張中の仕事の夜間に転倒し、右手をひねってしまったのです。
うす暗い室内灯の中、つまづいて目測を誤りました。
その時は痛くて悶絶しながらも打撲だと思い込んで、次の日も普通に仕事をこなし、管理職の要請で帰宅してから、整形外科に行って判明しました。
全治一ヶ月。
とほほのほです。
キーボードは打てるし、下手くそなら文字も書けるのですが、大変不便です。
失って、通常の状態がどれほどありがたいかわかりますね。

労災は労災なんですが、労災の書類がまためんどくさくて。
診断書に加え、何枚もの書類にサインをし、ハンコを押さなくてはいけません。
書類はエクセル何で、なんとかかけましたが、状況説明と、原因、負傷した場所の略図や部位を書かなくてはなりません。
私は絵が少し書けるので、なんとか書けましたが、普通利き手を負傷した人間にここまでさせるか?
って思いました。
また、通院治療の経緯も提出しなくてはいけません。
お役所仕事ってどこまでもこうなんですね。
しかし、仕事の方はややゆとりができるので、ちょうどその時期で良かったと思っています。

それにしてももうすぐサイト開設、13周年なんで、大きなことはできませんが、小ネタくらい書きたいなと思っています。
良かったら見てやってください。

コメント(0) TOP
Categorie今日のぷんさん

 |TOPBack